懲りずに仮想環境の作成をやってみました。

以下のサイトを参考に、「Ubuntu」を選びました。
https://blog.codecamp.jp/linux-distribution

以下のサイトを参考に、VirtualBoxにUbuntuをインストールしてみました。
https://pc-karuma.net/windows-8-virtualbox-ubuntu-install/

1.VirtualBoxをダウンロード、インストールします。
過去記事「【Hackintosh】Windows10にMac環境を作る夢を見ました。」を参考にして、以下からダウンロードしてください。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

2.以下のサイトからUbuntuの最新版のISOイメージファイルをダウンロードします。
http://www.ubuntulinux.jp/
「日本語 Remixのダウンロード」を選びました。

ここで、問題が発生!ダウンロードしたファイルは、.vhdファイルだったのです。
なので、以下をサイトを参照にして、続きをやりました。
https://mtfield.net/virtualbox-ubuntu-14-04-image-disk/

3.VirtualBoxにUbuntuの環境を作ります。
「新規」をクリックし、名前を「Ubuntu」にします。
タイプが「Linux」、タイプが「Ubuntu(xx-bit)」になっていることを確認し「次へ」をクリックします。

4.メモリを多めに多く設定します。
私は2GB(2048MB)を設定しました。

5.ハードディスクで「すでにある仮想ハードディスクファイルを使用する」を選択し、ダウンロードした.vhdファイルを選択して、「作成」をクリックします。

6.「起動」をクリックします。

7.言語を設定、タイムゾーンを設定、キーボードレイアウトを設定し、「続ける」をクリックします。

8.名前、コンピューター名、ユーザー名、パスワードなどを設定し、「続ける」をクリックします。

以上で、インストールは終わりです!続きを読む