遅くなりましたが、9/16(土)に診察とソーシャルワーカーとの面談をしました。

診察の方では、市販の宮入酸の薬がなくなったので、ミヤBM錠を増やしてもらいました。
また、睡眠が、熟睡できるようになったけれど、眠気が残るようになったので、睡眠導入剤のベンザリン(ニトラゼパム)を以前の量の約3/4にしてもらいました。

ソーシャルワーカーとの面談では、まず、障害手帳を申請する意思を示すために申請用紙を持ってくるように、とのことだったようで、障害手帳申請用の診断書を先生に書いてもらうことになりました。

障害年金では、改めて、年金事務所で貰ってきた書類についての説明を受けました。
次回の面談までに「病歴・就労状況等申立書」のコピーに内容を書いてくるよう言われました。
最近では、初診が精神科ではなく、精神科に行く前に通っていたであろう内科が初診になる可能性があるという説明を年金事務所で受けたという話をしたら、ソーシャルワーカーが改めて年金事務所に電話で確認をして、私に直接電話をして作業を指示するとのことでした。

電話の結果、まず、最初に受診した精神科に「受診状況等証明書」を記入してもらって、その内容を見て、初診日がどこのクリニックになるかを判断するということになりました。

※ソーシャルワーカーとの面談1回目の内容が過去記事にありませんでした。後日、障害手帳および障害年金の申請をしてみたという記事を書きたいと思っています。


----------


Twitterやっています。ぜひチェックしてみてください。


ブログランキングに参加してます。よろしければポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング