抗うつ薬の副作用による便秘の解消法について調べてみました。

私はコロコロうんちですが毎日お通じがあるので、厳密には便秘ではありませんが、やっぱりスッキリ出したいです。
便秘の定義は「3日以上お通じが無い状態」だそうです。



  1. 抗うつ薬は絶対に止めない
  2. 生活リズムを整える
  3. 夜ちゃんとぐっすり寝る
  4. リラックスする
  5. 自律神経の働きが弱まると便秘が起きやすくなる
  6. 乳酸菌を積極的に摂る
  7. 酸化マグネシウムを処方してもらう
  8. 食物繊維を摂る、特に水溶性食物繊維
  9. 高純度オリゴ糖を摂る
  10. 「乳酸菌革命」(商品名)
  11. キシリトール入りのガムを噛む
  12. 水分を摂る
順不同です。


(1)さすがにやらないです……。

(2)薬の効き具合によります。薬調整期間中だと、一日中だるくて横になっていることもあります……。起きる時間と寝る時間は毎日だいたい同じです。

(3)睡眠導入剤の効き具合によります……。重度の不眠症なので。

(4)できていないですね……。マインドフルネスとか瞑想とかすると良いらしいですね。ところでマインドフルネスと瞑想の違いって何でしょうか?
ということで、調べました。
 ヨーガ、瞑想、坐禅、マインドフルネスの違いと共通点 【まとめ】

(5)これも弱まっていますね、交感神経が重度の亢進状態だと思います。何も対策をしていないので、対策したいですね。

(6)毎日ヤクルトとビフィズス菌B-3のサプリを毎日摂っています。また、ミヤBM錠を精神科で処方してもらっています。

(7)酸化マグネシウムは片頭痛にも良いらしいので(緊張型頭痛と片頭痛の両方持ちです)、頭痛外来の先生に相談したいと思います。

(8)「1日分の野菜」というジュースと昆布水(水に昆布を入れた、昆布だしと昆布の水溶性食物繊維が含まれた水)で割った飲むお酢を飲んでいます。

Share on Tumblr Clip to Evernote