とある金曜日、病院の待合室でスマホでTheWorldを使っていたら、iPhoneが勝手に再起動を繰り返し始めました。

 

TheWorld for iOS



ネットで調べたら、こんな記事が出てきました。
iPhoneが勝手に再起動する不具合に悩んでいる人が試すべき対処法

 

うーん、私のiPhoneの症状と違う……。

もう一個、記事が出てきました。

スマホの電源が勝手に落ちる原因と対策について おすすめの対処法を紹介します

 

とりあえず充電してみることにしました。

そうしたら、こんな画面が出ました。

If you see the Connect to iTunes screen on your iPhone, iPad, or iPod touch

 

英語ですが、書いてあることは、

iTunesへ接続の画面が出る場合は、再起動してください:

  • 電源を切ってください。
  • 電源を入れてください。

それでもまだiTunesへ接続の画面が出る場合は、iOSの再インストールが必要です:

  1. 最新のiTunesにしてください。
  2. デバイスをコンピュータに接続してください。
  3. iOSのアップデートをして、個人データを保存してください。

 

やってみましたが、ダメでした。

 

次に以下をやってみました。

iPhone、iPad、iPod をアップデートまたは復元するときにエラーが表示される場合

 

4、5回やってみましたが、ダメでした。

別のパソコン&ケーブルでもやってみましたが、ダメでした。

「4013」エラーがずっと出てます。

 

エラー番号で調べてみました。

iOS のアップデート時や復元時のエラーの解決方法
iOS デバイスの復元時にエラー 9、4005、4013、または 4014 が表示される場合

 

やってみましたが、やっぱりダメでした。

なので、次の日に、Apple サポートに問い合わせることにしました。

お問い合わせ

 

Apple サポートに問い合わせる>iPhone>バッテリー、電源、および充電>予期せぬ終了/再起動>今すぐアドバイザーと話がしたい

 

私の時は、ここの段階で電話をしました。

 

今はここで、「サインインして製品を選択する」と「シリアル番号、IMEI、MEID」のいずれかを入力してください。」があります。

シリアル番号、IMEI、MEIDは購入時の箱に記載されています。

 

電話ではシリアル番号、IMEI、MEIDを聞かれました。

で、症状を説明すると、どうやら本体の故障の可能性が高いということで、ショップかAppleのお店(私の場合はauショップ)で代替機を借りてきて、再度電話してください、ということでした。

この時に、受付番号をもらうので、メモしました。

担当者が変わる可能性が高く、今までの問い合わせ内容の引継ぎの為の受付番号です。

 

で、近所のauショップ(車で5分)に行ったら、代替機がすべて貸し出し中でした……。

代替機の貸し出しを行っている近隣の店舗を教えてもらって、家でauショップの住所を探して、電話で代替機があるかどうかを確認してから、auショップに行き、無事に代替機を手に入れました。

 

で、再度、Apple サポートに電話をして、受付番号を言うと、今度は「iPhoneを探す」の設定がオンになっていて、このままでは修理できないという事態に。

以下のアドレスにアクセスするよう指示されました。

iCloudへサインイン

 

ログインすると、私の場合は2段階認証を設定しているので、2段階認証の画面から先に進めないという事態に。

すると、今度は2段階認証の画面に

デバイスを探す必要がありますか?すぐにアクセス:

iPhoneを探す、Apple Pay、 Apple Watchの設定

があるので、「iPhoneを探す」をクリックしました。

再度パスワード入力が求められるので、パスワードを入力。

次の画面の上部に、「すべてのデバイス」があるので、そこをクリックして、iPhoneを選択しました。

次に、「iPhoneの消去」を選択して、これで、iPhoneを探すがオフになりました。

これでiPhoneを修理に出すことができます。

Apple IDのメールアドレスに状況報告を逐一入れてくれることも可能とのことでしたので、お願いしました。

 

で、iPhoneはヤマト運輸さんが次の日(日曜日)の夜に回収に来てくれました。

iPhone専用のケースをヤマト運輸さんが用意してくれていますので、

ケース等すべて外した状態で、iPhone本体のみを渡して、配送をお願いしました。

 

1週間後(土曜日)、iPhoneがヤマト運輸さん経由で戻ってきました。

この1週間、Appleからメールはきませんでした。

「検証診断テスト実施結果のお知らせ」という書類が入っていました。

 このたびは製品に不具合が発生し、大変ご不便をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

お申し込みいただきましたiPhone修理サービスならびにバッテリー交換サービスにおいて、製品を検証診断した結果、iPhone本体の交換が必要であることを確認いたしましたので、交換品*  をお送りさせていただきます。

  (原文ママ)

保証期間は

サービス実施日より90日、または元の製品保証の残り期間のいずれか長い期間の保証が適応されます。

シリアル番号は

交換後のiPhoneシリアル番号は、交換前のiPhoneとは異なります。

とのことでした。

 

とりあえず、iPhoneの電源を入れてみました。

言語設定、Wi-Fiの設定はできましたが、それ以降はSIMカードが無くてできませんでした。

日曜日はauショップが混んでいるだろうと思い、月曜日にauショップに代替機を返却に行きました。

 

……混んでました。

 

無事、iPhoneにSIMカードを入れて、iTunesから復元するぞ!と思ったら、iPhoneのiOSのバージョンが古くて、できませんでした。

これ、機種変更の時にもあった……。

まずは新品のiPhoneとして設定して、iOSをアップデートしてから、iTunesでバックアップから復元しました。

iPhoneが壊れる2日前くらいにたまたまiOSをアップデートするついでにパソコンでバックアップを取っておいて本当に良かったです。

 

データはほぼ完全に復元できたのですが、一部アプリのデータが破損していたり、ログイン関係は半分くらいログインし直ししたりとかで、設定に半日くらいかかってしましました。

LINEのトークとかは全部残っていたので、それはとても助かりました。

 

教訓

  • iPhone(に限らず)のバックアップは頻繁に行いましょう!
  • iPhoneの箱は取っておきましょう!


----------

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4384309760309103"
data-ad-slot="2480523076"
data-ad-format="auto">


----------


Twitterやっています。ぜひチェックしてみてください。


ブログランキングに参加してます。よろしければポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング