Nao N.の雑記

いろいろなことを記事にして投稿しています。また、同じミスをしないための備忘録としても使っています。ニキ(ソーシャルゲーム)とパソコン関係が多めです。コメントはTwitter(@naon4nws)へお願いします。

Japanese version only.
転載、転用は禁止です。ご連絡いただいても原則お断りします。また、自作発言はおやめください。
Please do not repost my works, do not edit my works, do not use my works in videos or MADs or AMVs, do not animate my works into gifs, do not scanlate/translate my works into other languages. Reprinting and diversion are prohibited. All Rights Reserved. Even if you contact me refuse. It is forbidden to write that you made my work.
工作转载分流是禁止的。
工作轉載分流是禁止的。
전재, 전용은 금지입니다.
Abgedruckt Umleitung Arbeit ist verboten.
Перепечатка, использование не по назначению запрещается.
พิมพ์ผันเป็นสิ่งต้องห้าม
Reimpresión, se prohíbe su desvío.
Réimpression, le détournement est interdite.
© Nao Nの雑記 2017

小学校と中学校の時の話

もう何十年も前の話ですが(笑)。

小学生の時に(多分5年生)、家庭のお手伝いについての記録を提出する課題があったのですが、
当時の私の家は、お風呂にお湯をためて入るということが滅多になく、
シャワーで済ますことが大半だったのですが、
お手伝いの項目に、「お風呂の掃除をする」という項目を書いて、
週1回で、掃除をしなかった、という結果を書いて提出したんですよね。
そうしたら、それをクラスメイトに見られて、
その日からいじめの対象になったんですよね。
当時はいじめられているという自覚はなかったのですが。
嫌がらせされることが多くて、学校を休みがちになり、
先生と親同士で話し合いがあったそうです。
私は立ち会っていないので、詳しい話は分かりませんが。

そんな状態でしたが、小学生の時は進研ゼミを小4からやっていて、
小学生の間は真面目に取り組んでいたので、成績ははっきり言って
相当良かったです。

そんな私も中学生になれました。

中学1年生の時は、美術部に入ったんですが、すぐに行かなくなりました。
理由は特にないんですけど……。
なんとなく、足が遠のいてしまいました。

ある日、小学生の時からの友達から、靴箱に手紙が入れられていました。
家に帰ってから読むと、
「あなたは人に嫌われていますね!
 自分勝手です!」
というような内容でした。
私は自分の意見を言っているだけのつもりだったのですが。
今風に言うと、空気読めってことだったのでしょうか。
私はいまだに空気読むのは苦手ですが、大人になったので、
さすがに大人の対応はできるようになりました。

中2の時の社会の授業だったと思うんですけど、
自分のお小遣いの使用用途を分ける授業がありました。
そこで、先生は「買ったものを書いて、分類してください」
と言いました。

他の人は、食費とか教育費とか、家計簿かよ、という分類の仕方をしていたのですが、
私は、本当に買ったもの(プレイステーションのメモリーカードとか)を
分類して書きました。
で、先生に当てられて、黒板に書いたんですよね。
そうしたら、その瞬間から、クラスのみんなから、いじられる対象になりました。
先生の言った通りにしただけなのにね。

いじられるのが嫌で、学校を休みがちになりました。

それでも、同じクラスの友達は、私が学校に行った時には仲良くしてくれました。

中学校の修学旅行は東北3県(青森、秋田、岩手)でした。

学校を休みがちで、しかも進研ゼミは継続していたのですが、
進研ゼミも全然やっていませんでしたが、
成績はそれなりに良く、
高校は第1志望の高校に入れました。

第1志望の理由は、当時の学区内で1番偏差値が高かったこと、
水泳の授業が無かったこと、漫画研究部があったことです。


続きを読む

手帳

お題「手帳」

 

これです。

http://www.1101.com/store/techo/pc/ja/2017/detail_cover/c_w_motherboku.html

今年からweeksタイプを使い始めました。

去年までは、

http://www.1101.com/store/techo/pc/ja/2017/detail_cover/r_o_r.html

を使っていたのですが、以前はたくさん手帳に書き込みしていたのですが、

最近はあまり手帳に書き込まなくなったので、weeksタイプにしました。

昨年12月から使い始めたのですが、今は予定しか書かない私には良い感じです。

以前は、

http://www.1101.com/store/techo/pc/ja/2017/detail_cover/r_c_r_m.html

を使っていた時期もありましたが、さすがに大きすぎて持ち歩くのが不便なので、2年で使用を止めました。

当時は手帳にいっぱい書き込みしていたので、その点は良かったのですが。


続きを読む

子宮体がん

私の母は55歳頃に子宮体がんに罹りました。
健康診断で見つかったそうです。
ステージIIでリンパへの転移はなかったそうです。

母は、子宮および卵巣の全摘出を選択しました。
手術は内視鏡手術で行いました。

手術は成功。
念のため、股のリンパ節も摘出しました。
抗がん剤治療や放射線治療はありませんでした。

腹部の手術ということで、しばらく口からの食事はできず、
栄養剤の点滴のみでした。

母は段々と空腹に耐えかねて、
「食事はまだ食べられないんですか?」と聞いたそうです。
そうしたら、予定より少し早めに食事が口から摂れるようになったそうです。

術後の経過も順調で、元気な入院患者をしていたそうです。
母は、テレビを見るのが大好きな人なので、テレビを見て過ごしていたそうです。

術後は1年ごとに検診に行っていました。
手術から5年後の検診で、特に異常はありませんでした。
これで、がんが完治したと言えます。
5年後の検診が終わった後も、母は継続して年1度がん検診に行っています。

ちなみに、私は、母の手術には立ち会えませんでした……。
遠方で独り暮らしをしていたので……。
がんだという連絡も、手術する連絡とかも一切ありませんでした……。

余談ですが、同じ病棟のがん患者が、手術前の自己輸血用献血をした後、
病状が悪化して亡くなったそうです。

この話を聞いて、私の自分の手術の時に自己輸血用献血しなくて
良かったと思いました。
主治医からは勧められたのですが。

さらに余談ですが、母は、手術後、会社を早期退職制度を使って退職しました。


続きを読む

何して遊んだ?

今週のお題「何して遊んだ?」

 

最近は外に出かけて誰かと遊びに行ったりしないですねぇ。

つい最近だと、テニミュのライブビューイングに一人で行きました。

 

家では、パソコンで、動画流しながら、落書きの練習しています。


続きを読む

大学の時の話

私は、第2希望の、自宅から通える私立の大学に進学しました。
第1希望の、自宅から通える国立大学は、当時の私の学力からすると
相当な高望みだったのですが。
国立大学の後期試験は、自宅からは通えない場所にあったのですが、
私立大学に進学を決めたので、後期試験は受験しませんでした。
後期試験の合格発表の後、担任から「残念だったね」と言われましたが、
私は全然残念ではありませんでした。

入学式は普通にスーツで行きました。
入学式の翌日、オリエンテーションがありました。
私の通っていた大学には高校の時のような「クラス」がありました。
(他の大学にも、クラスはあるのでしょうか……?)

クラスでは一人ずつ自己紹介をしました。
私の通っていた学科は2クラスだったのですが、
女性の数が少なく、同じクラスの女子や隣のクラスの女子と
必然的に仲良くなりました。

で、仲良くなった女の子の友達ですが、
 ほぼ全員オタクでした。
でも、外見はかわいらしく、ファッションはCanCamやストリート系
とかいろいろでした。
でも、オタクでした。そして、みんな腐女子でした。

私はオタクな話はしていたのですが、ある日、一番仲の良い友達に突然、
腐女子な会話を振られて、普通に対応してしましました。
なぜ、私が腐女子だとわかったんでしょうか……。
私は腐女子な会話はしていなかったと思うのですが。

女の子だけではなく、男の子とも仲良くなりました。
今でも連絡を取り合っている男の子もいます。
試験の時は、過去問をもらったりしました。
私は代わりといっては何ですが、授業ノートのコピーをあげたりしました。

アルバイトは大学1年生の時だけしていました。
2年生からは学校が忙しくなると思っていたからです。
実際は、それほど忙しくなくて、今思えばアルバイトできたかな、
と思います。
まあ、でも最初のアルバイト先があまり人間関係が良くなかったので
続けなくて良かったと思いますあ。

サークル活動はしていませんでした。
実は、私の所属している学部は、2年生から他の学部と別校舎になるからです。
サークルに通うのが面倒だな、と思って、サークルには入りませんでした。

学業は、教員免許は取らなかったのですが、単位数も十分取り、
成績も、ほぼ全ての科目で、一番上の「優」を取りました。

大学3年の後期から、ゼミが始まりました。
このゼミは卒業論文とは関係ありませんが、必修です。
一番仲の良い友達と、一番人柄が優しそうな教授のゼミを取りました。

大学4年は卒業論文のみでした。
週1回、卒論のゼミがあり、今まで調べた研究内容を発表しました。
このころの私は週1回しか大学に行かず、家で勉強していました。
卒論の内容は、指導教授から十分な評価を頂きました。

大学院の進学試験は、第1志望は落ち、第2志望に合格しました。

卒業式では、自分の手持ちの着物に袴をレンタルして参加しました。
謝恩会は友達と合わせて、チャイナドレス(安物)で参加しました。
男の子にすごい声をかけられました(笑)。


続きを読む
記事検索
タグ絞り込み検索
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング







Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ